男性

音が聞こえにくいなら

医者

耳が遠くなったと感じてきたら、補聴器を使って音の聞き取りをサポートしてもらいましょう。初めて補聴器を購入する場合は、聴覚についての相談や製品の調節をおこなってもらえる実店舗で販売しているところを利用すると良いでしょう。

詳しく見る

耳の違和感がある時は

男性

日常的に使用する耳は怪我や病気等によって本来の機能が発揮できなくなることがあります。そんな異変は放置してしまうと危険なため、気づいた時にすぐ新宿の耳鼻咽喉科にいくことがオススメです。早期治療ならば素早く完治させやすくなります。

詳しく見る

誰にでも起こり得る

メモすることが大事

悩み

おそらく、ほとんどの人は耳鳴りやめまいが1回起こっただけでは病院に行きません。しばらく様子を見ることがほとんどだと思います。そして、長い間耳鳴りが治まらない、めまいを起こす頻度が高くなってきたと言う状況になってから病院へ行くでしょう。 しかし、様子を見るのと放置するのは全然違います。様子を見るのなら工夫をしましょう。生活している中で、どう言う状況の時に耳鳴りやめまいが起こるかをメモするようにすることです。できる限り、具体的に書きましょう。そして、病院に行く時にそのメモを担当医に見せれば、耳鳴りやめまいの原因が早く突き止められるかもしれません。 耳鳴りやめまいは軽視できないので、こう言うことは大事になってきます。

ツボ押しとマッサージ

耳鳴りやめまいは、誰にでも起こり得ます。若いとか高齢者とかは関係ありません。しかし、更年期になると耳鳴りやめまいに悩まされることは多いです。耳鼻科を受診するのが手っ取り早いですが、耳鳴りやめまい程度で病院へ行くのは気が引けると言う人もいます。 そう言う考えを持つ人から人気なのが、ツボ押しやマッサージです。耳鳴りやめまいを緩和するツボが人間には存在します。首をマッサージしたり、耳の脇辺りをツボを押すと症状が治まることが多いです。 マッサージもツボ押しも自分でできるわけですから、治療費がかかりません。節約になると言うのも人気の理由の一つでしょう。まずはこれらを試し、症状が治まらなければ病院に行くようにしましょう。

耳鼻科受診が大事

悩み

難聴になってしまったら、補聴器を装着することがほとんどです。耳鼻科の担当医とよく相談した上で、自身に合うものを見つけられるようにします。特に外出時や人と接するる時は重宝することから、外だけでも装着することをお勧めします。

詳しく見る